期限切れに気をつけてショッピングを楽しみましょう

Amazonギフト券の有効期限について

Amazonギフト券の有効期限について

◆ 有効期限切れに注意!!

最近はプレゼントなどでAmazonギフト券をもらったり、また自分でAmazonギフト券を購入したりする人が増えています。実は、ネットショッピングは私達の生活の中で、必要なお買い物方法として身近な方法の一つになりました。
また、ネットショッピングではアカウントさえ作ってしまえば、誰でも簡単にネットショッピングを楽しむ事が出来ます。ネットショッピングの中でも有名なのが、大手企業のAmazonです。Amazonは新品からそして中古品まで幅広い品物を扱っていますよね。

Amazonのネットショッピングで必要なのが、支払い方法になります。ネットショッピングをする為には、当たり前ですが支払いが必要になります。Amazonの支払い方法には色々な方法があります。コンビニやATM、ネットバンキング、電子マネー払い、クレジットカード、また、Amazonのポイントを使って支払う方法、そしてAmazonギフト券を利用したりします。
その中でも最近、Amazonギフト券を使って支払いをしている人が多く、実は、プレゼントとしてAmazonギフト券を購入している人が増えています。
実は、このAmazonギフト券、とても便利なギフト券の一つですが、Amazonギフト券には有効期限があります。しかし、Amazonギフト券に有効期限がある事すら知らない人も多く、いざ利用しようと思った時に実は有効期限が切れて使用出来なかったなんて事もあります。それはとても悲しい事ですよね。そこで、そうならない為にもAmazonギフト券の有効期限について知っておく必要がありますよね。今回、Amazonギフト券の有効期限についてご紹介したいと思います。

アカウントの支払い方法の設定から残高・利用履歴をチェック!

◆ 有効期限はギフト券の種類によって異なる

Amazonギフト券を使用する為には自分のAmazonのアカウントに「ギフト番号」を登録しなければいけません。その為、殆どの人が、Amazonギフト券が手元にあった場合に、アカウントにギフト番号を登録し、その後、ギフト券を捨ててしまう人が多いです。実は、Amazonギフト券には有効期限が記載されています。

Amazonギフト券には有効期限が記載されていますが、殆どの場合、Amazonギフト券が手元にあれば自分のアカウントにAmazonギフト券を登録してしまい、その後は、Amazonギフト券を捨ててしまう人が多いでしょう。その為、有効期限が記載されているのに気がつかずいつ有効期限がきれるのかわからなくなってしまっている人、またアカウントに登録した日を基準に有効期限が発生していると勘違いしている人がいます。勿論、自分のアカウントにAmazonギフト券の「ギフト番号」を登録した後、Amazonギフト券をいつまでも持っている必要性はないですが、捨てる前に一度Amazonギフト券の有効期限を確認しておきましょうね。また、Amazonギフト券の有効期限はギフト券の種類によっても異なるので注意が必要になります。

Amazonギフト券には幾つは種類があります。Eメールタイプ、印刷タイプ、そしてカードタイプはAmazonギフト券が発行されてから1年になっています。次に、法人向けのギフト券は発行日から2年、最後にシートタイプのギフト券は、発行日から3年になっています。このようにAmazonギフト券の種類によっても有効期限が異なるので使い忘れに注意しましょうね。また、Amazonギフト券は、購入した直後、貰った直後からすぐアカウントに登録する事が出来、すぐAmazonギフト券を利用する事が出来ます。

では、うっかり有効期限を忘れてしまった場合、どのような方法でAmazonギフト券の有効期限を確認すれば良いのでしょうか。実は、常に自分のアカウントにAmazonギフト券の有効期限は表示されません。しかし、自分のアカウントから「支払い方法の設定」をクリックし、「Amazonギフト券・Amazonショッピングカード」をクリック、そして「残高・利用履歴を確認する」をクリックすると、現在自分のアカウントに登録されているAmazonギフト券の残高を確認する事が出来、また有効期限も確認する事が出来ます。また、Amazonギフト券の残高にも有効期限が発生しているので注意が必要です。

手元にあるAmazonギフト券、有効期限が切れてしまって使えないのは悲しいですよね。是非、Amazonギフト券を購入した場合は有効期限に気をつけて買い物を楽しみましょう。また、Amazonギフト券を専門業者から買取した場合なども有効期限があるので確認すると良いでしょう。